校長先生写真

学校長からのメッセージ

勇往直進

 向上高校では、これからの社会を「自らの人生を自らの力で切り開き、力強く生き抜いていく」生徒の育成に力を注いでいます。
 しかし、日本の高校生の学力は数値としては上がってきましたが、一方では、「自己肯定感」については、諸外国と比べると低く、特に、16歳から19歳にかけて、その差が大きいといわれています。(「平成26年版 子ども・若者白書(全体版)」内閣府)
 「あなたの夢、応援します。」の「夢」は、まさに「自己肯定感」を表す表現であり、理想の自己、あるべき自己、真の自己、可能性という意味でもあります。入学した生徒一人ひとりが「夢」を実現できるように手助けをしたいと、私たち教員も意欲を燃やしています。なぜなら、君たちの「夢」は私たち教員の「夢」でもあるからです。
 「学習と部活を両立できるのが向上スタイル」と向上高校が敢えて、この両立を目指している理由は、両立を図ることで、自己存在感を与えること、人間関係を育成すること、 自己実現の場を与え、自己の可能性の開発援助をすることができると信じているからです。
 不安になることはありません。向上には、手本になる先輩がいます。同じように目標に向かって努力をする仲間がいます。そして君たちが将来を考えるために取り組む様々なプログラムやサポート体制も用意されています。
 3年間という限られた時間の中で、私たちは生徒と共に歩み続けます。ただし、その先はついて行くことができません。その先は、自分で切り開いた自分の道を生きていくのですから。その道を迷わず、ひたむきに努力し前進してほしいと思います。
 その思いを「勇往邁進」ではなく、「勇往直進」という表現にして込めてみました。

向上高等学校
校長 直理 賀一
ページのトップへ